よゆう と すき

 

息子の小学校から持ち帰るプリントに月一回のペースで

スクールカウンセラーの先生からの通信プリントがあります。

 

1月は『「心の余裕」があればお友達の良いところがみつけられるよ。』というもの。

 

これはそのまま大人にも当てはまるなと思いながら読みました。

 

誰だってイライラしてしまう時はあるけれども

「あ、いま心に余裕がないからだ。」とは立ち止まって思い出さないもの。

後になって

「あのときは忙しくてイライラしていてひどいことを言ってしまった!」

など思い出すものの

また同じことを繰り返しちゃうんですよね…。

 

イライラしているとなにをやってもうまくいかなかったり時間がかかったり。

 

そんな時は

「好き」なことをやる、がいちばん。

 

音楽を聴いたり、本を読んだり、おいしい物を食べたり。

大人は自分の「好き」をやることによってだいぶこころに余裕が生まれる。

そうしたらまた動き出せばいいのです。

 

ところが…

 

話を子どもに戻すと

まだそんな切り替えがうまくできないのですよね。

 

わけわからず、機嫌が悪かったり、いつもより泣き虫になっていたり。

昨日の息子がそうでした。

 

「そうだ。ぼくは今、いらいらしている。

だから好きなレゴでもやって気分てんかんしよう。」

 

そんな風に組み立てて考えるなんて、よっぽど冷静な子どもでなければできません。

 

だから

そんなときは

大人が「好き」をやる環境をさりげなく作れば気分のスイッチが入れ替わります。

 

大人が一緒になってきーーーーっ!となっているとできませんがね。

私はそっちのが多いけど。

 

子どもも大人も

心の余裕があるうちに「好き」をたくさん見つけておくことが近道でしょうか。

 

LOTA PRODUCT

www.lotaproduct.com

 

 

連載

 

雑誌

 

PLUS1Living(主婦の友社)

(季刊誌)

「季節のクラフトレシピ」

 

 

リンネル(宝島社)

(月刊誌)

「家事効率化計画」

 

 

Web

 

暮らしとおしゃれの編集室

香菜子さんの日々、ピタリなもの

 

大地宅配

つまみ食い学び 

 

ELLEmaman

こどものからだにいいこと

 

Instagram

 

kanako-lotaproduct