レ・ミゼラブル

周りが皆

レ・ミゼラブルの映画が素晴らしい。というので

観てきました。

 

3時間。

その長さをまったく感じさせず、噂に違わずそれはそれは素晴らしい映画。

 

 

主人公のジャン・バルジャンが妹の子どものために

飢えから救うために盗んだパンひとつのために19年間投獄され

その後、それまでの人生を棄て市長になるまでに。

 

そのきっかけをつくったのが

出所して間もないときに世話になった教会で銀の食器を盗んでしまい

それでもそれを許した神父さん。

 

映画の話はその先もあるのですが

小学生の学芸会で

レ・ミゼラブルをクラスで演じたのがそこまでだったなあ、なんて

思い出しながら観ていました。

 

学芸会のレ・ミゼラブルの最後は

ジャンバルジャン役の男子が

「神父さま〜神父さま〜」と泣きながら終わる。という

小学生の学芸会にしてはなかなかドラマチックな

素晴らしい演目。

たしか観に来た父母たちも泣いていたような。

 

前説もちゃんとあって

ゆうこちゃんという友だちが

「ヴィクトル・ユゴー原作の…」とやっていました。

 

いま、自分のこどもがそんな学芸会をやったら

間違いなく泣く…。と思う。

 

ところで

 

私がやった役は?というと

銀の燭台を盗もうとしたジャン・バルジャンに

「盗んじまいな。」と悪へと誘う悪魔役…。

 

 

 

 

 

LOTA PRODUCT

www.lotaproduct.com

 

連載 のお知らせ

 

 

雑誌

 

PLUS1Living(主婦の友社)

(季刊誌)

「季節のクラフトレシピ」

 

 

リンネル(宝島社)

(月刊誌)

「家事効率化計画」

 

 

Web

 

暮らしとおしゃれの編集室

香菜子さんの日々、ピタリなもの

 

大地宅配

つまみ食い学び 

 

ELLEmaman

こどものからだにいいこと

 

Instagram

 

kanako-lotaproduct