包帯とか湿布とか

酷使した覚えが全くないのに

左手が腱鞘炎。

利き手でもないのに。

 

 

 

だいぶいいお年頃なんですが

包帯とか湿布とか

ちょっと特別感があって

「心配してもらえる」っていうのが妙にワクワクしてしまう

しょ〜もない性格が小学生の頃から変わってない…。

 

 

でも今回は

「お母さん」が故に「せざるを得ない」状況がたっぷりありまして

「おまえは左手首を今は使ってはいけない」

ということを忘れないように、の湿布とネット。

 

昨日はどうしても仕事が忙しく

ピザを出前で取ったのですが

左手でフタを開けただけで「いでででで…」となり

家族から

「もういい。もういいから。なにもしなくていいから…」と言われる始末。

 

小学生の頃の周囲の

「だいじょうぶ?」という心配してくれる感じはなく

 

もういい。もういいから。痛々しくて見ちゃいられない。

 

と、なったのでちょっと寂しさを感じたもうすぐ成人式二度目の婦人です。

 

 

 

LOTA PRODUCT

www.lotaproduct.com

 

連載 のお知らせ

 

 

雑誌

 

PLUS1Living(主婦の友社)

(季刊誌)

「季節のクラフトレシピ」

 

 

リンネル(宝島社)

(月刊誌)

「家事効率化計画」

 

 

Web

 

暮らしとおしゃれの編集室

香菜子さんの日々、ピタリなもの

 

大地宅配

つまみ食い学び 

 

ELLEmaman

こどものからだにいいこと

 

Instagram

 

kanako-lotaproduct